ジャスミンの香り

庭の鉢植えのジャスミンが咲きました。

一般的なジャスミンは星のかたちをした花をつけますが

うちのは八重咲きジャスミンです。可愛いでしょ!
b0168736_1571327.jpg


大きさは500円玉弱くらいで真っ白です。

花が咲くと横を通っただけでも甘く濃厚なジャスミンの芳香が感じられ、思わず深呼吸してしまいます。

ジャスミンは香水や化粧品、もちろんアロマセラピーとしても人気の天然香料が抽出されますが収油率(原料となる花びらからエッセンシャルオイルがとれる割合)が低いため、とても高価になります。

なんと8000個の花から1gのジャスミン アブソリュートしか抽出できないんです。

ジャスミンはフランスで栽培されていましたが人件費等の経費がかかり過ぎるため、今ではエジプトが主な栽培地となっています。

ジャスミンの花びらに最も多くの芳香物質が存在するのが夜から明け方にかけてとなるため花摘みの作業は夜10時頃から明け方の4時頃に5歳から10歳の子どもを労働させているということで問題になっていたりしますが。。。


ジャスミンの甘く華やかな香りは不安を取り除き、自信を回復させる最も高揚作用に優れた精油であるといわれています。
緊張状態が続いていたり、深い悲しみで落ち込んだ気持ちを持ち上げて幸せな気分を呼び覚ましてくれるのです。

インドでは女性が髪飾りとして長い髪を編みジャスミンをさしているのをとても良く見かけましたよ。

エッセンシャルオイルを買わなくてもいつでも生花が手に入るということなのでしょう。

ジャスミンの香りはとても強いので生花で十分に香水の役目を果たしてくれるからでしょうね。

精神的な作用だけでなく皮膚や女性の生理、咳や声がれにも効果を発揮します。

アロマセラピートリートメントでも体験してみてくださいね。


☆ ソワン クリームにご興味のある方はこちらをご覧ください ☆


Soin cream ホームページ
[PR]
by cream--cream | 2010-08-24 15:45 | 草花たち