ゆるやかに流れる空間の中で アロマとオーガニックケアのエステサロンから


by cream--cream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インドへ4

今日も7時からヨガ。リラックスの時、まず下半身を意識してリラックスさせ、ゆっくりと息を吐く時にア〜、胸とお腹ではウ〜、頭部はン〜とそれぞれ声を出しながら行う。アカーダ、ウカーダ、マカーダと先生はおっしゃってました。
本当にア〜と声を出すと下半身に声が共鳴するように感じて神経が落ち着くようでした。ウ〜だと胸とお腹辺りに響き、ン〜だと頭の神経がびりびりと心地よく感じます。
仰向けでリラックスしてやってみると自分の体に向けて声を掛けてるみたいで面白いです。

IVACの施設内ではいろんな植物や動物に会うことができました。猿にリス、イグアナ、うさぎ。植物ではサンダルウッド、ジャスミン、バナナ、カストール、ココナッツ、ユーカリ、ニームそしてバニラも。町に出るとジャスミンを髪に飾っている女性がとても多く素敵。インドって思った以上に香り豊富なハーブやお花の国で、毎食後に飲むハーブティもインドで飲むと普通のハーブティに感じたのに、日本に戻ってから飲むと、凄いインドインドした強烈な香り!それだけインドでは空気が香り高いのかもしれません。

この日はいつものアヴィアンガに再びシロダーラをしてもらい、午後から部分トリートメントのGreeva basti。肩甲骨と肩甲骨の間にオイルのプールを作ってのトリートメント。
このあと、シェフがインド料理を教えてくれると言うので、キッチンへ。
スタッフがまかない料理を食べているダイニングへお邪魔すると、さすが皆さん、手で食べてました。隣の部屋にはずらっと水道が並んでいて、すぐに手洗いできるので便利そう。
b0168736_2251887.jpg


料理は前の日に食べて、とても気に入っていたほうれん草のカリーとサラダそしてスープを教わりました。意外と簡単でスパイスさえあれば家でも作れそうだったので一生懸命、メモを取り、買って帰るスパイスもチェック!
そして試食。フォークもスプーンも出てこない。よし!手でトライだ!って意気込んだものの、私って前世インド人でしたっけ?ってくらい簡単に上手に食べてました〜
K先生に食べ方を褒められたので嬉しくって!

毎日のヨガとトリートメントでみなさん少しお疲れ気味。。。私だけ異常なほど元気で連れてもらった金のお店では22Kのピアスもお買い得価格で購入でき、ご満悦でした。
b0168736_225161.jpg




インド最後の日はヨガのあと、とても贅沢な5人のセラピストが施術してくれるPPS。
ヘッドマッサージとアヴィアンガまではいつもと同じ。マッサージが終わるころになると3人が部屋に入って来てPPSの準備が始まります。ニームやレモンなどハーブやクレイを綿の布で包んだピンダをオイルで揚げるようにして温め、体にポンポンポンとリズム良く叩くようにして、オイルやハーブの薬効成分を皮膚に浸透させていきます。

1人はピンダを作る係で2人上半身、あとの2人が下半身担当ってところ。冷たかった手足が温まりリラックスできるかと思いきや。。。あまりにもポンポンと強烈な刺激が4つも重なり、どこに意識を持って行けば良いのか?。。。で眠ることはできませんでした。でもポンポンの合間に入るエフルラージュは心地よく、こんな贅沢申し訳ないと思ってしまうのでした。
さすがに、このトリートメントではいつもよりも更にオイルぬるぬる状態で終了となり、ヘイマは3回も髪の毛をシャンプーしてくれ、この滞在中、私は1度も自分でシャンプーしないという、驚きの経験をしてしまいました。ほとんど体も洗われてましたし。。。
とてもとても貴重な体験でした!本当に申し訳ないほどでした。

初めてのインドはやっぱり、人が多い。だから活気に満ち溢れていて、それに人なつっこくて懐かしい感じを味わえました。マイソールパレスへ見学に行った時、小学生が覚えた英語で案内してくれたこと。外国人が珍しいらしい、この辺りの人たちは物珍しそうにジロジロと見つめてくるけれど、笑いかけると恥ずかしそうに微笑み返してくれたこと。
子供も大人もYESのときは首を横に振るのですが、おっちゃんでさえその仕草が可愛らしく思えたこと。何より無邪気な子供達の笑顔にはノックアウトされました。写真を撮ってとホーズをとる彼らは順番に並んで、写真の仕上がりを覗き込み、それを見て可愛くて可愛くてウルウル。。。
b0168736_21204726.jpg



インドともお別れ。親切なIVACの人たちの笑顔、町に溢れる人の活気、偉そうな顔してリラックスしている牛、あきらめ顔の犬、子供たちのキラキラ輝く笑顔、全てがインドそのもの。
人間と人間がコミュニケーションをとることは何て素敵で心躍ることなのか!
日本人が忘れてしまった心地よさをインドはいっぱい持っているように思いました。
また訪れたい。そう願いを込めて皆でマンゴーの木の下に髪の毛を1本埋めて、また戻って来れるおまじないをしました。
インドでもらった笑顔を帰ったら1人でも多くの人に分けよう!
[PR]
by cream--cream | 2009-04-19 22:21 | 旅いろいろ

インドへ3

次の日からは朝、7時からヨガでスタート。
普段、こんな早くから体動かさないから起きれるのだろうか。。。と思っていたけれど、旅で興奮しているのか5時くらいから目が覚めて、歯磨きしたり、ヨガの格好に着替えたりと案外やる気満々!

ヨガはスポーツジムでも体験したことがあるから、同じかなと思っていたけれど、本場のはやっぱり、お祈りから始まりました。お香の煙がゆらゆらするヨガスタジオで先生の真似をして歌うようにお祈りをして、結構キツいポーズも多いけれど、一回筋肉がぷるぷるするようなポーズの後は必ずリラックスさせるので続けられそうな感じでした。先生のRelax〜 Relax your body 〜Relax your mindって風が吹くような歌声を聞きながら目を閉じて、仰向けに寝ていると本当に自分の体の声が聞こえてくるような感覚になれました。すごく健康的!

約1時間ヨガで汗をかいた後は、もうお腹ぺこぺこ。食堂で全種類制覇って勢いで朝食です。朝はフレッシュパイナップルジュースとかパパイヤがあるのでチャツネやドーサもいっぱい食べたいけど。。幸せな悩みでごめんなさい。

トリートメントまでの時間、先生に施設を案内してもらいながら散歩。途中、施設内にあるIVACの社長のお宅にお邪魔して豪華なお宅拝見ツアーとマイソールコーヒーを御馳走になり良い思い出頂きました。
本日のトリートメントはアヴィアンガを午前中に、3時からKati bastiという腰に豆の粉で作った粘土状のものを土手に丸くプールを作って、そこに温かいオイルを入れてくれるもの。
特に腰痛はないけれど、マッサージの後でほわ〜んと温かいオイルの作用でうとうとしてしまいました。ここではスチームタオルで拭いてくれて終了。
いつもトリートメントしてくれるヘイマとジョーティにも慣れてきて、私の仕事のことなど色々と話すようにもなってきました。


b0168736_2254945.jpg

今日は2度もトリートメントがあるのでランチの後、インドの民族衣装サリーを着付けしてくれるとのこと!一度着てみたかったのでワクワク!!
他に泊まり客が少なかったのもあるかもしれないけれど、セラピストもマネージャーなどのスタッフ達が総出の勢いで着付けやメイクをしてくれました。
サリーって着方に多くのアレンジがあるみたいで、友達やアロマの先生もそれぞれが違う着付けをしてもらい完成〜。トリートメント後でくせ毛の私は髪の毛がブローしきれて無くて、ちょっと残念な感じでした。。。

b0168736_21542267.jpg

夕方には、いつものドライバーさんに頼んでスーパーマーケットへ。
お菓子やらお香、ビンディ(日本でもネイルアートに使えそう)、スパイス。。。とにかく大量に購入!ムングダルのスナック菓子はS先生のお薦めで棚の商品が無くなるほどの大人買い。

インドでは時々当たり前のように停電がありました。初めは騒いでた私たちも慣れてきましたが、食事の時は。。。ちょいと辛いです。
水シャワーも半分の確率。高原のマイソール地方、朝夕は結構寒いので気合いで入浴でした。
トリートメントが毎日あるから助かりました。
そんなこんなでインドの夜は更けて行くのでした。
[PR]
by cream--cream | 2009-04-17 22:53 | 旅いろいろ

インドへ 2

セラピールームは暗く、お香の香りと木製のベッドそしてガスコンロが置いてあって、最初の印象はヤバいとこに連れて来られた!って感じでした。(笑)

着替えを済ませ、バスタオルを巻いて出ていくと、インドらしい椅子に誘導されました。
まずは温かいオイルが染み込んだ綿棒を渡され、耳掃除。。。
アーユルヴェーダは色々と細かく考えられたセラピーなので、あ〜こういうとこまでケアすることで全体を包括できるわけか〜とか自分で勝手に解釈したりして。

セラピスト2人が両側に立ち、お祈りの歌が始まります。暗い部屋でお祈りの歌が響き、何だか妙な感じ。そしてヘッドマーッサージをしてくれました。温かいオイルをたっぷりと頭皮に擦り込まれていくと緊張がとろ〜んと溶けていくような感覚。暖かい場所でも温かいもので触れられるというのは、この上なく幸せを感じるものです。
マッサージは頭皮をしっかりと刺激しながらリズミカルに行われ、職業柄、なるほど〜こういう手技でこの順番で。。。とか覚えようとしている自分もいたり、今日は何も考えずにのんびりとさせてもらおうよ〜っと言う自分がいたりして。
でも首から肩までマッサージされて大満足のインディアンヘッドマッサージでした。

そして本日のメイントリートメントはアヴィアンガ。ゆっくりと木製のベッドに仰向けに寝ると、顔、首、デコルテを1人がオイル塗布。もう1人が胸から腕、お腹、脚とダイナミックにたっぷりと温かいオイルを塗ってくれます。
塗布が終わると、2人で腕の付け根から同じリズムで同じ動きのマッサージがスタート。
しっかりとしたタッチですが圧のかけ方が丁度良く、私には本当にええ塩梅やわって感じ(笑)
結構、速いリズムなので眠ってしまうというものではないけれども、体の中の老廃物が排泄されるためにかき出されているような。
ほとんど、裸の状態のため腕を万歳させられて手首から脇、ウエスト、腰までのロングストロークが可能で、初めは戸惑いもあったけれども大胆な力強さに完全に脱力。脱帽でございます。
その後、横向き、うつぶせ、また横向き、仰向けとくるっと一周まわり、たっぷりのオイルに体はマッサージの力の入る方向へと抵抗できずにずるずるしながらアヴィアンガが終了。

その後、シロダーラと贅沢なメニュー構成。シロダーラはアーユルヴェーダといえば思い浮かぶ、額のチャクラにオイルをたらたら〜んと垂らすアレです。神経を解きほぐして日常のストレスで固くなった頭皮もゆるんでくれるので是非とも、体験したかったメニューです。
額の真ん中だけではなく、左右に移動させながらゆっくりと30分以上行われ、これには深い眠りに簡単に落ちてしまいました。

オイルでぬるぬるの体なので、ゆっくりと支えられながらベッドを下りてスチームバスに入りました。毛穴からはいろんな疲れや毒素やマイナスの気持ちも一緒に出てくれるように、ちょっと祈りながら汗だくになるまで蒸されて浄化されてる感が湧き上がってくるようでした。

シャワーでオイルを洗い流すのにはハーブパウダーがスクラブ効果もあり肌はつるつるに。シャンプーもしてくれてマハラジャの姫になった気分。
着替えが終わると頭のてっぺんにハーブの粉が塗り込まれ耳には丸めたコットンを入れて終了。
急激に体を冷やしてしまわないようにするらしいです。ぬるいお湯で水分補給をして就寝前に飲む薬を受け取り、また部屋まで送ってくれます。

私たちが宿泊していたヴィラまでの小径できれいな花をたくさん摘んで花束にしてくれたセラピストのジョーティありがとう!


b0168736_15152623.jpg

[PR]
by cream--cream | 2009-04-15 15:22 | 旅いろいろ

インドへ

ここのところ、急に暖かくなって桜も終わりに近づいてきました。
学校の仕事でずっと机に向かってのカン詰めの状態が続いていたため、やっとリラックスで春らしい眠たい感覚がどっと体の隅々にまで襲ってきたようで、しばらくはそんなのも良いよね〜っとゆらゆら感が漂います。

そんな気分のときは。。。やっぱりインドかな!
もう去年の11月の出来事に遡ることになっちゃいますが、インドへ、生まれて初めてのインドへ行ったこと。書きたいんです!

本場のアーユルヴェーダを体験するため、インドは南に位置するマイソール地方へアーユルヴェーダ専門の先生に連れて行ってもらいました。


b0168736_15105245.jpg


シンガポールを経由してインドはバンガロール空港に到着。そこからさらに車で2時間以上かかって、ようやくIVAC(Indus Valley Ayurvedic Centre)に到着。。。現地時間ですでに午前2時。
眠くて、寒くて、へとへと状態。

アーユルヴェーダでは神聖な植物であるバジルの首飾りでのお出迎えがあり、爽やかなバジルの香りに少し疲れが癒されました。

次の日から食事は全てセンター内の食堂で、体を浄化するためのベジタリアン料理を3食とも頂きます。インド料理だけど、あっさり。お腹一杯食べても軽いので胃もたれも無く、インド式精進料理といったところ。

アーユルヴェーダはインドの伝承医学ですから、専門の医師がトリートメントの前に問診、体重と身長測定、血圧測定をしてくれます。
一緒に行った人たちもみんな、健康なので若返りコースってことになり、希望のトリートメントはあるか聞かれ、希望を取り入れた形でのメニューを考えてくれました。

早速、午後からトリートメント開始!担当のセラピストが各部屋まで迎えに来てくれてセラピールームにのんびり歩いて行きます。



b0168736_15323170.jpg
[PR]
by cream--cream | 2009-04-14 15:37