ゆるやかに流れる空間の中で アロマとオーガニックケアのエステサロンから


by cream--cream
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

インドへ 2

セラピールームは暗く、お香の香りと木製のベッドそしてガスコンロが置いてあって、最初の印象はヤバいとこに連れて来られた!って感じでした。(笑)

着替えを済ませ、バスタオルを巻いて出ていくと、インドらしい椅子に誘導されました。
まずは温かいオイルが染み込んだ綿棒を渡され、耳掃除。。。
アーユルヴェーダは色々と細かく考えられたセラピーなので、あ〜こういうとこまでケアすることで全体を包括できるわけか〜とか自分で勝手に解釈したりして。

セラピスト2人が両側に立ち、お祈りの歌が始まります。暗い部屋でお祈りの歌が響き、何だか妙な感じ。そしてヘッドマーッサージをしてくれました。温かいオイルをたっぷりと頭皮に擦り込まれていくと緊張がとろ〜んと溶けていくような感覚。暖かい場所でも温かいもので触れられるというのは、この上なく幸せを感じるものです。
マッサージは頭皮をしっかりと刺激しながらリズミカルに行われ、職業柄、なるほど〜こういう手技でこの順番で。。。とか覚えようとしている自分もいたり、今日は何も考えずにのんびりとさせてもらおうよ〜っと言う自分がいたりして。
でも首から肩までマッサージされて大満足のインディアンヘッドマッサージでした。

そして本日のメイントリートメントはアヴィアンガ。ゆっくりと木製のベッドに仰向けに寝ると、顔、首、デコルテを1人がオイル塗布。もう1人が胸から腕、お腹、脚とダイナミックにたっぷりと温かいオイルを塗ってくれます。
塗布が終わると、2人で腕の付け根から同じリズムで同じ動きのマッサージがスタート。
しっかりとしたタッチですが圧のかけ方が丁度良く、私には本当にええ塩梅やわって感じ(笑)
結構、速いリズムなので眠ってしまうというものではないけれども、体の中の老廃物が排泄されるためにかき出されているような。
ほとんど、裸の状態のため腕を万歳させられて手首から脇、ウエスト、腰までのロングストロークが可能で、初めは戸惑いもあったけれども大胆な力強さに完全に脱力。脱帽でございます。
その後、横向き、うつぶせ、また横向き、仰向けとくるっと一周まわり、たっぷりのオイルに体はマッサージの力の入る方向へと抵抗できずにずるずるしながらアヴィアンガが終了。

その後、シロダーラと贅沢なメニュー構成。シロダーラはアーユルヴェーダといえば思い浮かぶ、額のチャクラにオイルをたらたら〜んと垂らすアレです。神経を解きほぐして日常のストレスで固くなった頭皮もゆるんでくれるので是非とも、体験したかったメニューです。
額の真ん中だけではなく、左右に移動させながらゆっくりと30分以上行われ、これには深い眠りに簡単に落ちてしまいました。

オイルでぬるぬるの体なので、ゆっくりと支えられながらベッドを下りてスチームバスに入りました。毛穴からはいろんな疲れや毒素やマイナスの気持ちも一緒に出てくれるように、ちょっと祈りながら汗だくになるまで蒸されて浄化されてる感が湧き上がってくるようでした。

シャワーでオイルを洗い流すのにはハーブパウダーがスクラブ効果もあり肌はつるつるに。シャンプーもしてくれてマハラジャの姫になった気分。
着替えが終わると頭のてっぺんにハーブの粉が塗り込まれ耳には丸めたコットンを入れて終了。
急激に体を冷やしてしまわないようにするらしいです。ぬるいお湯で水分補給をして就寝前に飲む薬を受け取り、また部屋まで送ってくれます。

私たちが宿泊していたヴィラまでの小径できれいな花をたくさん摘んで花束にしてくれたセラピストのジョーティありがとう!


b0168736_15152623.jpg

[PR]
by cream--cream | 2009-04-15 15:22 | 旅いろいろ